相続業務の実務と、相続を契機としたさまざまな業務への展開方法を伝授!「相続・遺言コース」

行政書士実務講座|サムライビジネスソリューション

『行政書士実務講座』 「相続・遺言コース」のご案内

わが国の相続案件は、多くの場合相続税の控除額内であり、行政書士だけでも十分対応できるものであるにもかかわらず、資産の計算等の煩雑さもあって、専門としている行政書士は決して多くありません。
本講では、相続業務だけでなく、そこから派生する贈与、遺言、相続対策等の業務についても言及し、実務テクニックを習得します。

【ご注意】

平成25年税制改正により、相続税法等が改正となります。

本講に関係する事項は以下のとおりです。

○相続税の基礎控除額の改正 ○相続税の税率構造の改正 ○贈与税の税率構造の改正

いずれも平成27年1月1日から施行です。

本講座は、現行の現行の控除額等に基づいて講義が進められておりますので、

その旨ご理解、ご了承をいただきますよう、お願い申し上げます。

 

T 相続・遺言の基礎知識

U 相続手続きの流れ

V 遺言書・遺産分割協議書の作成

W 相続税、贈与税の基本と相続対策

新設「相続・実践編」はこちら

T相続・遺言の基礎知識

相続・遺言の業務の流れに沿って、基本事項を理解します。

受注でのポイントは?税理士が関係するかどうかの見極めは?

相続対策の三本柱とは?

初めての人がスムーズ業務を進られる3つの必須資料

遺産分割協議の上手な進め方とは?

面談・ヒアリングで確認しておくべき事項とは?

見積もりのタイミングと相場は?

財産調査の方法と留意点

遺産分割協議書作成時が業務展開の布石をうつタイミング!

相続関係説明図の作成方法

遺言書があった場合の対応

相続対策としての贈与の方法...etc

相続・遺言の基礎知識

各コース・科目の料金

お申込フォーム

コース・カリキュラムに戻る

このページのトップへ

U 相続手続きの流れ

相続開始からの箇月に応じた業務の進め方を理解します。

死亡から3ヶ月以内に業務依頼があった場合にすべき手続き

遺言があった場合の対応は?

被相続人の土地、建物、株式、公社債、投資信託などの調べ方は?

相続放棄にならないように話を進める方法は?

相続人に未成年者がいる場合の対応

財産目録の作成には十分な時間をかける!

遺産分割協議の進め方は?

相続財産は細部まで調査と評価を!

上場株式の評価方法は?

土地の評価額を知る方法

顧客満足度の高い遺産分割協議書の作り方

相続から贈与、遺言書への業務展開...etc

相続手続きの流れ

各コース・科目の料金

お申込フォーム

コース・カリキュラムに戻る

このページのトップへ

V 遺言書・遺産分割協議書の作成

実際の書類の作り方と相続紛争の対応についてを理解します。

遺言書の重要性を認識してもらうための話の手順

自筆遺言書の作成方法

自筆遺言書作成に便利なツール

公正証書遺言への誘導

行政書士としての遺産分割協議への関わり方

遺産分割協議書の作成方法

遺留分を確保する方法

相続紛争の調停、審判の際の弁護士、不動産鑑定士等との協働...etc

遺言書・遺産分割協議書の作成

各コース・科目の料金

お申込フォーム

コース・カリキュラムに戻る

このページのトップへ

W 相続税、贈与税の基本と相続対策

相続・贈与の実務に直結する相続税と贈与税の知識をおさえた上で、さまざまな相続税対策の方法を学習します。

相続業務を行政書士のみで完了できる場合、できない場合

大きな財産がある場合の相続税対策のプラン

相続税の税率の変わり目に注目する

固定資産評価額の上手な活用方法

贈与に証拠力を付与する方法

贈与による相続税対策の有効な方法は?

贈与が新たな贈与契約を生む!

相続時清算課税制度に適するケース、適さないケース

短期的な相続税対策の方法...etc

相続税、贈与税の基本と相続対策

各コース・科目の料金

お申込フォーム

コース・カリキュラムに戻る

新設「相続・実践編」はこちら

このページのトップへ
ホーム コース・カリキュラム ▽会社設立コース詳細 ▽相続・遺言コース詳細 ▽債権回収コース詳細 ▽顧客開拓コース詳細 ホームページ制作 料金 送料・お届け よくあるご質問(FAQ) お申込み・お問い合わせ お知らせ 法令上の表示・秘密保持 運営主体 リンクについて 相互リンクサイト
ホームコース・カリキュラムお知らせ料金お申込み・お問い合わせ法令上の表示・秘密保持運営主体リンク
COPYRIGHT(C)  サムライビジネスソリューション ALL RIGHTS RESERVED.